2015年07月

2015年07月27日

休日の史跡めぐり


酷暑が続いています。


皆、体調を崩さず水分、睡眠をしっかりととり、

自己管理に勤しんでください。


特に、外勤のある各営業チームは、リーダーが各自の体調管理を遵守すべく

体制で宜しく頼みます。




<連絡事項>

・秋の健康診断予約に対する回答を迅速に!(〆切今月末まで)

・来月決算に向けて、自己申告シートを提出する希望の方は経理迄連絡。

・各カレンダーでの夏季休暇を事前に経理まで連絡。








〜〜


久しぶりに、休日満喫。

歴史を感じる場所が好きな私は、ぶらりと史跡めぐりへ。





三ヶ根山

三ヶ根山








グリーンホテル三ヶ根
ホテル内のロビー庭から、山を背景にプールを見下ろした所。

グリーンホテル三ヶ根  プール









長浜ロイヤルホテル

長浜ロイヤルホテル










長浜市 豊公園

長浜市 豊公園










豊公園からみた長浜城

長浜 豊公園からみた長浜城

















迎賓館として建造された「慶雲館」。
早春には「長浜盆梅展」の会場として多くの観光客で賑わうそう。
なんでも、明治時代の長浜の豪商・浅見又蔵氏が明治天皇行幸に
合わせ、私財を投じて建設した長浜の迎賓館なんだそうです。
「慶雲館」という名称は、その荘厳美麗な姿から当時の時の
内閣総理大臣である伊藤博文が命名したとの事。

中でも壮大な見事な庭園は見どころ。
庭師は、近代日本庭園の先覚者と呼ばれ、
平安神宮神苑など多くの造園を手がけた七代目小川治兵衛さん。
この他、約六千平米の広大な敷地内には、
高さ5mを超える巨大な大灯篭や、
日本一大きな芭蕉の句碑、慶雲館本館と同時期に建設された茶室など。

〜慶雲館 資料引用〜


とにかく、元は日琵琶湖水面が傍にあったという
三方面に広がる日本庭園の見事さは思わず息を呑むほど。
(今まで見てきた庭園の中では間違いなく1に匹敵。)
なんでも、当時の庭師が100年後を見据えて植えた植栽というから
驚き!!
いつまでも見ていたい、そんな素晴らしい庭園でした。



慶雲館

慶雲館













入口付近

慶雲館  入口付近












有名な大灯篭
5m以上ある大きな灯篭で、写真だと分かりづらいが
圧巻!

慶雲館  有名な大灯篭















慶雲館 二階
奥一段上がり部分…当時明治天皇がお座りになられた場所

慶雲館 二階 奥明治天皇の部屋














二階から庭園を見た、欄干部分

慶雲館 二階 欄干















慶雲館 大庭園

慶雲館   庭園













〜最近のお気に冷スイーツ〜

古今茶家のプチかき氷セット

古今茶家のプチかき氷セット














ミッドランドねのひ 酒粕アイス
マイブーム1!

ミッドランドねのひ 酒粕アイス














コメダ スイカかき氷
これでプチサイズだから驚き

コメダ スイカ プチかき氷














タワーズ「」の杏仁豆腐
今までの中華料理店の中で、一番美味な杏仁。

タワーズ陳の杏仁豆腐
















これは例外(笑)

陳建一の麻婆豆腐
何をかくそう、ここへはこれを食べにやってきた。
辛味が癖になる、四川麻婆

陳建一の麻婆豆腐













本日の一言

「夏は日向を行け」
…外ではやめてください(笑)


leapers at 16:48|PerlmalinkComments(0)clip!観光 | グルメ
記事検索
floq

Archives