2017年02月

2017年02月17日

二月の空を仰いで




本日、2月17日は亡き母の本命日。

少しだけ、母との一日を書きたいと思います。




20170128_143204











朝早めに墓掃除&墓参り、そして今回も供え花を豪華に

母の時は、必ずカサブランカを加えてもらいます

母が大好きだった花。


春らしい色どりの中に清楚なカサブランカの白が映え、

素敵な供え花となりました。

きっと、母も喜んでいる事でしょう。


お墓を後にして、今度は母の好物をいくつか購入

塩辛や味噌漬け(笑)、お菓子は饅頭よりおせんべい系。

生前よく食べていた"とう豆"(そら豆を空炒りしたもの)が無かったので、

そら豆の素揚げビーンズを代用


生ものは供えるものではない、という人もいるようですが

お坊様曰く、故人の好きなものを供えてあげる気持ちが大事との事でしたので

母が生前好きなお寿司も供えました。
(冬といえども、下に小さな保冷剤を付けて)

夏ミカンが無かったのでハッサクを代用。


毎朝、毎晩、亡き両親への供え物は日々欠かさず。

自然な感じで。自分たちが食べるものと同じものを供えるようにしています。

初物は勿論、真っ先にお供えしてから家族が頂きます



両親のは月二回の墓参り、

祖父母のは年二回(中日さん、お彼岸)の墓参り、

そして、

それぞれの法事は勿論のこと、

誕生日、母の日、父の日、バレンタイン(父)、年末年始…

年間行事の事あるごとに関連づけて、

墓参り&お花&お供えもので、お墓と仏壇は賑やかになります(笑)




そして今日もまた、亡母本命日に嬉しい不思議が起きました。

いつも墓参りの日は晴れるのですが

今日はさすがに雨かとあきらめ、それでも本命日!

雨でも決行すると出掛け、墓掃除を始めたら

右上辺り、雨雲の間から急に暖かい日差しが照りつけます。


墓を丁寧に洗い清め、新しいお水にお花を供え、

お線香を焚き、手を合わせて帰路についた途端、

雨が降り出しました。


一般論とすれば、偶然といえば偶然。

でも、私はそれは母だと確信せざるを得ないのです。


あの瞬間、心が云うも言われぬ心地よさを味わうと同時に、

やはり、母は傍にいるのだと確信というか、とても安心したのです。


嬉しい不思議

今までも数え切れないくらいありましたが、

この母の本命日に味わえた事は、今の私にはとても幸せに思うのです。


母の元に産まれて本当に良かった。


合掌。




本日の一言
「母の娘である悦びと感謝」


〜〜



<バレンタインチョコの御礼>


今回も、たくさんのチョコを有難うございました。

この場を借りて心より御礼申し上げます。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

m(__)m




20170131_083657











20170131_081958















家族で節分の豆まき。
どれがお面でどれがアイコンか?状態(笑)

BlogPaint











leapers at 17:59|Perlmalinkclip!休日 
記事検索
floq

Archives