2018年06月

2018年06月30日

お疲れ様でした。5


2018年6月30日(土)19時
丸栄閉店。


いつもは、どこの店が閉店しようとも
あまりコメントしようとは思わない私が
珍しいこと。



75周年という地域密着型の百貨店。

今回の閉店は、
丸栄株をほんの少し購入していたので
株主へのお知らせ等で前もって知っていた。


会社の近くでもあり、
仕事の客先用事や祝&法事…
プライベートでの買い物や四季折々の物産展…
たまにイートインでの昼食も楽しみながら
いつも便利に活用していた。


想えば、
はるかかなた遠い昔(笑)の幼少時代、

父が運転する車に乗り、母は助手席、
私は後部座席。
その時の私は2~3歳くらい(両親談)
「メイテツ〜」とか「モリナガキャラメル〜」とか
(古くて笑)
「マルエイ〜」とか、
大きな声で訳の分からないメロディに載せて
見るもの聞くもの全てを
口に出しては歌っていたらしい(恥)


75周年という時代の流れの中に、
今は亡き両親と自分が共に息づいていたのは
感慨深い。


人が歌にその時代に生きた自分を見い出すように、
丸栄の7階に展示してあった写真や制服や紙袋を
見ては亡き両親の生前の姿を思わず偲んでしまう
自分に気づく。


すぐ隣にある「明治屋」も閉店時は写真を撮る人が
いっぱいだった。
かくなる私も撮った。

しかし、
その時には無かった
何かしら郷愁めいたような、
心から本当に残念な感情が
今回の丸栄閉店には後から後から溢れ出てきた。

気付けばそれだけ、
幼い頃の想い出も併せて
自分の生活にいかに密着した存在だったかと
いう事なのかも知れない。




お疲れ様でした。
大変お世話になりました。
そして、ありがとうございました





 クリックすると拡大します♪


正面玄関の挨拶表示

玄関の挨拶掲載












閉店直後の丸栄

閉店後の丸栄














正面玄関で社長挨拶中の取材陣や人込み

正面玄関1












正面玄関で社長挨拶後、
感謝の言葉の入った赤いたれ幕で幕引き。
この後、シャッターが閉まる際に
人々から拍手と感謝の言葉「ありがとう~」や
「お疲れ様〜」が飛び交った。


正面玄関2














「檸檬屋」の社長さん
…ここのフルーツサラダが最高でした



檸檬 社長














スギモトの女社長さん。
ここのお肉はいつも新鮮で美味しかった。
この社長さんは太っ腹で
いつもマケてくれた(笑)


スギモト 社長















イートインの中では少し新しめの「キッチン飛騨」
そこの社長さん。
飛騨牛バーグが20%OFFの時は買いまくった(笑)
とにかく牛100%のハンバーグが美味!!
最後のSALEでは、ドレッシングを2本も下さりありがとう(^^♪
店員の水野さん、最終日にはさるぼぼをありがとう(^^♪
大事にします



飛騨 社長

















建築した当初、使用した大理石の中に
こんなものが
逆さになってて🙇正真正銘アンモナイトらしい


アンモナイト















これこそまさに記念

商標















丸栄の象徴でもある玄関先の人形

丸栄玄関人形
















そして閉店後の翌日の丸栄


閉店翌日の丸栄















自分が書いた寄せ書き見っけ


寄せ書き






















本日の一言
「名残惜しさもまた楽しからずや」




leapers at 19:00|PerlmalinkComments(0)clip!買い物 | グルメ
記事検索
floq

Archives